×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

株取引の始め方、証券会社について紹介しています。

株についてkabu

株とは

株とは、企業が資金調達する方法の一つで株券を発行する方法をいいます。
株を購入(出資)した人を「株主」といいます。株は借入金と違い、原則返却される事はありません。その代わりオーナーとして一定の権利を得ることが出来ます。株数に応じて利益の配当を受けたり、会社の重要議案に対する議決権を行使したり出来ます。そして株価が上がったら株式市場を通じて株を売却して利益を得ることが出来ます。株主優待券をもらうのも楽しみの一つになります。


株の売買方法

株を売買するには証券会社に「証券口座」を作ります。
銀行の口座と同じようにお金を入れてから取引ができるようになります。欲しい株を購入、又は株を売りたいときに証券会社に注文を出し、手数料を支払って売買してもらいます。手数料は証券会社により様々です。証券口座への入金は銀行ATMからも振込みできますし、ネットバンキングを通じて即時入金する事も可能です。


証券口座の申し込み

証券会社の窓口へ申し込みに行く、又は株口座の申し込み用紙を請求する、ホームページから申し込みします。
現在では各証券会社のホームページから必要事項を入力し、プリントアウトして郵送する方法、一旦資料請求して必要書類を送付する方法など証券会社により少し違います。証券口座を作りたい証券会社の申し込み手順を確認しましょう。


証券口座を作るときに必要なもの

一般的には、
・証券口座の申込書
・個人番号カード(又は通知カード)のコピー
・本人確認できるもののコピー →免許など(顔写真がないものは2種類提出が必要な場合もあります。)
・印鑑(登録が必要な証券会社もあります。)
・銀行口座(証券口座から出金する場合の銀行口座を指定する必要があります。)
・反社会的勢力ではないことの表明(書面の場合、ホームページ上で確認されるの場合があります。)

*証券会社によって書面や添付書類、手続きが違います。


どんな証券会社をえらぶか

社担当者に売買の注文をかけられる証券会社もあれば、インターネット取引専門(オンライントレード)の証券会社、両方できる証券会社など、多数の証券会社があります。やはり売買手数料が安い会社を選ぶのがベターです。〜10万までが安い、〜30万までが安いなど投資する金額はどのくらいかを考えて選ぶと良いでしょう。基本的にネット証券口座は手数料が安いです。



バナースペース

株価情報を見る

ヤフーファイナンス

日本経済新聞(マーケット)


安東証券

松井証券

岩井コスモ証券

GMOクリック証券